boardsandwine.net

Just another WordPress site

Flower

披露宴当日、新婦へサプライズで、新郎からのピアノ弾き語りは賛

披露宴当日、新婦へサプライズで、新郎からのピアノ弾き語りは賛否両論のようで、私は弾き語りの余興は見たことがありませんが、一生懸命さが伝わるものならなんでも良いと思います。

結婚式を挙げる会場で一番格が上なのはホテルです。レストランやゲストハウスはどうしてもカジュアルな印象があります。

式場探しのポイントは、理想とする雰囲気、立地条件(交通面等の利便性)、金額、スタッフの対応…色々と式場を見て回りたいのが女性の気持ちだと思いますが、あらかじめネットや雑誌で絞って見学に行くのがオススメです。

ゲストハウスは邸宅使用料、ガーデン使用料などといって場所代だけでも何十万もかかる会場もありますが、ホテルでもゲストハウスでも、お料理、装花、演出など何でもグレードを上げれば高くなるものです。

ご祝儀が勿体無いなんて思った事は一度もありませんね。料理代で祝儀を包んでいる訳でもありませんし、髪の毛のセットや着物の着付け代等も気になりません。こんな時しかおしゃれできないし、自分なりに楽しんでます♪

最初に出してもらう見積もりは「お花」「衣装」「お料理」「ペーパーアイテム」など、一番安いプランで出されることが多いです。「お料理を一番美味しいのにして、衣装もちょっと豪華な感じの状態、ケーキも食べられるのにして見積もりだせますか」と聞くと、けっこう現実的な値段になります。

一般的な結婚披露宴の場合、新郎新婦の自己負担は費用総額の3〜4割です。それ以上自己負担を減らせば料理などは最低ランク、飲物の種類が少ない、会場装花は貧相などとなり、全体的にかなり貧相な披露宴となってしまい、ゲストからご祝儀目当てって・・思われちゃうことも。

地域の特色や習慣が色濃く出る物の1つが「お車代」。お車代とはそもそも「ご両家ご両親」が「お心づけ」として渡すものであり、新郎新婦の仕事ではありません。ですから両家で取決めになられる事が決定事項なので取り違えなさいませんように。

結婚が決まったら、まず、結婚情報誌やウェディングサイトでいくつか式場をピックアップして、資料請求をする。最近ではサイトごとでオリジナル特典を用意していたりするので、どこのサイトを使うかで、もらえる特典は違ってきます。

「Relie(レリィ)」というサイトは最大で10万円もらえるようで、ゼクシィから予約してもメリットはないので、こういったサイトで予約したほうがお得ですね。

ご参考になれば幸いです。
ではでは、また!

Comments are closed.