boardsandwine.net

Just another WordPress site

Flower

Archive for 12月, 2016

結婚式の二次会への考えもそれぞれ。飲み会みたいに思ってる人も

結婚式の二次会への考えもそれぞれ。飲み会みたいに思ってる人もいれば、披露宴と同じくらい大切に思ってくれてる人もいます。

最近の結婚式二次会は儀式の延長である披露宴で無く、マナーや仕来り礼節などから開放された赤裸々な祝宴をやろうよで開かれますから、服装も平服が一般的です。礼装で来るのは新郎新婦だけか、披露宴から引き続き参加者です。

招待客全員にとって100点満点の式場なんて存在しないと思います。妥協するところは妥協して、自分たちがどこを重視したいのか…話あって決めるのがよいでしょう。

結婚式は自己満足でしかないんだろうけど、やっぱり親しい人に笑顔でおめでとうと言われると本当にうれしくなります。

安く式を挙げるなら「スマ婚」が良いのでは、と思いますが、料理は写真もありません。メニューのみ。華も一種類。オプションでカラーが選べます。あれこれ選べないし、豪華に式はしたくない、と思ってる人向け、といった感じですね。

結婚式はトントンになることはありません。自分達のために集まっていただいたおもてなしの気持ちでの結婚式は、必ず自己負担分があります。平均60名で自己負担100万くらいは見ておきましょう。

結婚式の二次会の会費は少しでも安いほうがいいです。男性8000円、女性7000円であれば、それなりの場所、それなりの料理を期待します。男性4000円、女性3000円だと新郎新婦が自腹を切ることになるので難しいところですね。

二次会からの参加なら会費だけで大丈夫です。それでも、もし何かプレゼントしてあげたいのならば、当日は荷物になりますので当日に手渡すのではなく、式の1週間前までに自宅に届くように郵送で手配しましょう!

外苑前駅付近の結婚式二次会会場を探す
http://www.relie-wedding.com/party/party_hall_search/801/station

きまぐれに更新中!

結婚式場の評判は、最近ではスタッフの対応や料理の味など、結構

結婚式場の評判は、最近ではスタッフの対応や料理の味など、結構細かい事まで掲載されている所がたくさんあります。写真はキレイに撮っているので一回、いいなと思ったところは下見にいくのがいいんじゃないかと思いますよ。

雑誌を見てるととても綺麗に見えるウェディングドレスでも、それは外国人の綺麗なモデルさんが着ているから可愛いのであって、一般人が着てみると実際とはイメージが違うことが多々あります。

最初の見積もりってほんと、ランクアップしなければならないものが多いので、お料理のランクはどうなっているのか、引き出物のランクはどう試算されているのか、演出は何をしたくて、どれくらい見積もりに入っているのかなどは確認したほうがいいです。

結婚式の二次会会場は新郎新婦に決めてもらったほうがいいです。人数のこともあるし、披露宴の予定や会場間の移動など、どんな雰囲気の会にしたいのか、予算、会費設定はいくらなのか・・・新郎新婦でなければ把握の難しいことが多いですから。

結婚式二次会の花嫁さんの衣装は地域によって様々です。東京大阪名古屋福岡という首都圏または地方の中でも大都市レベルだとウェディングドレス。本当の地方都市だとドレスは完全にやりすぎでワンピース程度の人が多いです。

京王プラザホテル付近の結婚式二次会会場を探す

ゲストハウス系(ベストブライダル、T&G、アニヴェルセル系など)は確かに値段は高めですが、外資系ホテル程高くはありませんし、ただ単に結婚式でしか売上が取れない為と短期で元を取って、いつ撤退してもいいよう値段が高いというだけです。

結婚式にかかる費用は、日取りや時間などを希望しなかったり、人前式にするとかすると、少し安くなるかと思います。春、秋のトップシーズンの大安などは割引ききません。

きまぐれに更新中!

披露宴を和風にこだわるなら料亭がいいです。和風だと「伝統」や

披露宴を和風にこだわるなら料亭がいいです。和風だと「伝統」や「格式」を避けて通れないので、下手に手作りにすると明らかに貧相になります。洋風のものと違って選択肢が少ないので、お金を掛けたか否かが一目でわかってしまいます。それほど和のものは本物と偽物の違いが歴然と出ます。

人生で一番おいしかったローストビーフは、帝国ホテルの結婚式です。婚礼でしか食べられないお肉だそうです。

結婚式の二次会会場を式・披露宴と同じ会場にするメリットは、なんといって新郎新婦の移動が楽です。会場側も慣れている、衣装もそのまま使えたり、披露宴から出席の方も楽、二次会からの方も披露宴の雰囲気を楽しめる、などなどです。

心付けを渡すとしたら、プランナーさん、当日エスコートしてくれるキャプテン、料理長、介添え人さん、司会者さん、ヘアメイクさんだそうです。ただ、サービス料をたっぷり取られてるから絶対に渡す必要はないと思いますがね。

結婚式二次会の服装は、結局素材感やデザインなのかなと思います。あとは合わせるストッキングとか。二次会だし、ヒザが半分くらい出てるのを非難してくる人はいないでしょう。

私の場合は、披露宴はシャルマンシーナ東京だったのでシャルマンシーナ東京周辺の結婚式二次会会場にしました。もちろん徒歩10分ですけど式場から向かうゲストにはタクシーチケットを渡し乗って行って貰いました。帰りの分もこちら持ちです。

結婚式に出席する際、できれば黒は避けて下さい。フォーマルで黒は当たり前ですが、華やかな場所が沈んで見える黒は結婚式には本当は向きません。花嫁さんが目立っていいのですが、せっかくの晴れの日ですから、明るい色で祝ってあげてください。

結婚式の総費用を自慢する人もいるらしいけど、どうでもいいです。

希にですが強引なプランナーさんがいる時があります。「今日契約すると・・・」とか言ってとにかく契約させようとするので、絶対契約しないように注意してくださいね。

きまぐれに更新中!